第69回 日本学校農業クラブ全国大会 FFJ 鹿児島大会

日程 平成30年10月23・24・25日

鹿児島大会まであと

Kagoshima Convention

平板測量競技会実施委員会

平板測量競技会実施委員会

平板測量競技会リハーサル大会を開催!

7月18日(水),伊佐市広域総合運動を会場に平板測量競技会リハーサル大会を開催いたしました。参加は,鶴翔高校4チーム,鹿屋農業高校5チーム,伊佐農林高校4チーム,県内の3校で計13チームで競技が行われました。

最高気温35℃を超える連日の猛暑,競技場内は40℃近くの炎天下で,途中給水などの対応をしながらの競技となりました。県代表を決める予選,これまでにないチーム数の参加で,全国大会を意識したリハ大会でした。アンケートでは,係の運営面は,「よかった。」といった声も聞かれました。

本大会の成功に向けて,地域をはじめ,協力いただく審査員の方への感謝の気持ちを忘れずに「ISA 一致団結 最後まで あきらめない」のキャッチフレーズの気持ちで,全校のみんなで大会の運営に努めていきます。

平板測量競技会実施委員会

【お知らせ】平板測量競技会 事前Q&Aをアップします

見出しの件につきまして、PDFファイルにてお知らせいたします。

ご質問などがある場合は、様式ダウンロードにアップしてあります『平板測量競技会 質問事項記入用紙』にご記入のうえ、8月24日(金)までに担当校にご提出(FAX可)ください。

平板測量競技会 事前Q&A」[PDF:560KB]

平板測量競技会実施委員会

岡山大会(平板測量競技会)視察報告

10月25~27日にかけて,岡山大会の視察に行きました。各県の代表49チームが集い日頃の成果を発揮しあっていました。運営の面では,運営生徒・職員不足を感じさせないほど,組織的に機能しているようでした。服装・挨拶などもしっかりしていて,統一感があり,礼儀作法が身についていることを感じました。台風の影響で,準備が遅れたようでしたが,装飾・設営の面も充実していて,選手が競技に集中できる環境が整っていました。

アナウンスも声の大きさ,読む速度も良く,聞き取りやすかったです。選手に対する指示も的確でスムーズに進行されていました。

大会式典の際も同様で,礼儀作法,服装面がとてもよく,日頃からの積み重ねが活かされていることが分かりました。

視察を終えて,次は自分たちが大会を運営しなければならないという思いが,より一層強くなりました。岡山大会はとてもすばらしかったです。この大会を参考に,鹿児島大会をより良いものにしていきたいです。そのために,自分たちが何をすべきか,どうすれば充実したものになるのかを日頃から考え,皆に伝えていかなければならないと思いました。

平板測量競技会実施委員会

【報告】平板測量競技プレ大会が開催されました。

7月19日水曜日に平板測量競技会プレ大会を実施いたしました。参加チームは12チームで,約40名の選手が参加しました。他にも視察・報道関係者や,審査員,全校生徒で運営にあたり,生徒を含めると約300名の参加者となりました。

プレ大会の課題・反省としては,一部の生徒が実施委員の説明が不足していて役割をよく理解していなかったり,挨拶があまりできなかったりなどというところが,大きな課題点だと感じました。

逆によかったと感じた点は,誘導係が選手を笑顔で誘導できたところです。アンケートを実施したところ,「誘導係がとてもよかった。」とお褒めの言葉もいただきました。

今回の事を糧にして,さらにいい運営ができるよう実施委員を中心に取り組んでいきたいと思います。