第69回 日本学校農業クラブ全国大会 FFJ 鹿児島大会

日程 平成30年10月23・24・25日

鹿児島大会まであと

Kagoshima Convention

クラブ員代表者会議実施委員会

(1)会  場

 鹿児島県立山川高等学校

 (鹿児島県指宿市山川成川3423番地)

 

(2)日  時

 平成30年10月23日(火) 14:00~16:30(事前打合せ会)

 平成30年10月24日(水)  9:00~16:00(クラブ員代表者会議)

 

(3)実施基準 平成30年度全国大会実施基準による。

 

(4)分科会テーマ

分科会

テーマ

事例発表担当ブロック

会場

農業クラブ員が現在抱えている農業に関する課題を意識し、その解決のために各都道府県連盟やブロック連盟が協力してできることにはどんなことがあるか。

東北ブロック

東海ブロック

中国ブロック

第1会場

第2会場

第3会場

農業高校への注目や期待が高まる中、クラブ員が自覚を持って応えるためにはどんな活動が必要か。

関東ブロック

近畿ブロック

四国ブロック

第4会場

第5会場

第6会場

高齢化が進む日本農業に対し、私たちが今できることは何か。

北海道ブロック

北信越ブロック

九州ブロック

第7会場

第8会場

第9会場

 

(5)事前提出物

提出物の種類

内容・提出方法

提出期限

提出先

事例発表原稿

大会事務局指定の様式(発表要旨集用原稿を兼ねる)

①A4用紙、縦置き・横書き、片面印刷で4枚以内(図表・写真を含む)に印刷したものを3部(コピー可)とする。

②原稿はWord97以降または一太郎Ver.9以降により作成し、データを保存したCD-Rを1枚提出する。

平成30年

9月5日(水)

(消印有効)

大 会

事務局

発表参加者課題レポート

※運営担当校・事例発表校を含む

大会事務局指定の書式

○参加者課題レポート1部

①A4用紙、縦置き・横書き、片面印刷で1枚とする。

②Word97または一太郎Ver.9以降により作成し、データを保存したCD-Rを1枚提出する。

※ただし、各分科会の運営担当校および事例発表校は、各校参加者の連名で1部作成する。

都道府県連盟事務局が設定する期日

都道府県連盟事務局

※ 発表要旨集用原稿及び参加者課題レポートの書式等は、参加申込み要領を参照

 

(6)事例発表

ア 発表内容は、テーマに沿った取り組み・活動とし、発表は印刷物や視聴覚機器等を使用して参加者にわかりやすいものとする。

イ 液晶プロジェクタおよびノートパソコンの使用は、1台のみとする。

ウ 液晶プロジェクタ(1台)・ノートパソコン(1台)・スクリーンは実施担当校で準備するが、その他の機器は発表者が準備する。

(7)事前準備

ア 参加する分科会および会場については、参加申込み人数を確認後、大会事務局において調整し、各単位クラブに連絡する。

イ 参加者は、参加者課題レポートを各都道府県連盟事務局が設定する期日までに各都道府県連盟事務局に提出する。なお、参加者課題レポートの様式はホームページ上に公開する。

各都道府県連盟事務局は、参加者課題レポートを取りまとめ、大会事務局に提出する。

大会事務局への提出期限は、平成30年9月5日(水)(消印有効)とする。

ウ ホームページ上で閲覧できない単位クラブは、8月1日(水)までに実施担当校に申し出る。

 

(8)その他

  詳細については、ホームページ上でも公開する。